Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フランス田舎町タクシー事情 最終回
案の定、ナカシマ君から連絡があったのはそれから1時間たとうかというところ。
かなり歩いたんだけど、大きな高速道路にぶつかってそれ以上前に進めなかったんだって。
ほらね、田舎の道は歩き用にはできていないのよ・・・。それでまたシテ3のバス停に戻ってきたのでタクシー呼んでくださいってことで振り出しに戻る。
シテ3ってバス停どこ?周りになにが見える?「なにも見えない・・・向かいにバス停が見える」・・・それって逆方面のシテ3のバス停じゃ・・・?本当になにも目印になるものないの?「バス停があって、道路があって、向こう側にバス亭が見える」もうぜんぜん埒が明かない。
オペレーターとそうこうやりとりしていると・・・
「ね、ね?彼もしかして、リュックしょってる?なんかバス停の前にアジア人の男の子がリュックしょって、電話しているのが見えるって運転手がいっているんだけどっ」慌ててナカシマ君に、そこからタクシーが見えないか聞く。どうやら偶然にもタクシーの運転手が先に彼を見つけたらしい。「C'est lui!!! C'est lui!!!」そうです!彼です!彼です!止まって~!!!

もう、マダム爆笑!!!観光客もめったにこない田舎町で日本人の男の子がタクシーを捜していて、彼のために第3者がタクシー会社に何度もコンタクトをとる。というシチュエーションがオペレータマダムのツボにはまったらしい。
明日になったら町中の人がナカシマ君のことを知っているんじゃないかってぐらい、会う人会う人に話しまくりそうだ。だってこんな退屈な田舎町じゃこの一連の出来事がここ3年で起きた面白事件のベスト3にはいるかもしれないのだから。

フランスの田舎町ではくれぐれも足に気をつけてください。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
案の定、ナカシマ君から連絡があったのはそれから1時間たとうかというところ。かなり歩いたんだけど、大きな高速道路にぶつかってそれ以上前に進めなかったんだって。ほらね、田舎の道は歩き用にはできていないのよ・・・。それでまたシテ3のバス停に戻ってきたのでタク...
2012/04/03(火) 11:01:53 | まとめwoネタ速suru
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。