FC2ブログ

Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フランス田舎町タクシー事情3
せっかく南仏の小さい町に行ったのだから、ちょっと町をぶらぶら、適当なレストランに入ってお昼を食べて、カフェに入ってビールでも飲んでゆっくりしていればいいのに・・・と私は思うのだけど。
しかし、シティーボーイのナカシマ君にとっては、ツールドフランスの一群が去ってしまった今では、そこは退屈な町でしかなく、見るべき価値のあるものなどなく、食べる価値のあるべきものも無かったようだ。まだ帰りの電車出発までたっぷり時間があるというのに、駅に戻るためのタクシーに乗るべく私に連絡をしてきたのだ。もしかしたら、知らない町ではできるだけ早めに目的地に着いていたほうがよいという海外旅行客がとるべき危機管理意識が彼にも備わってきたのか!?いやぁ怪しい・・・ただ単に退屈だっただけだろう。

「だから、さっき帰りのタクシーも予約しておこうかっていったじゃん!」実は行きのタクシーを予約するとき、帰りのタクシーを予約しておいたほうがいいから一緒に頼んでおこうか?と提案したんだった。今思い出したけど、確かにそうだった!なんて親切な私。でもその時は「帰りの時間がいつになるか分からないからいいや」ってすげなく断られたんだった。そしてまさかの1時間半後!!!まさかのタクシーコール!!!(笑)

はいはい、わかりましたよ。で、何処にいるの?「うーんとね、シテ3っていうバス停の前にいる」それって町の中?「ううん、歩いて帰ろうと思って、国道を歩いているんだけど、かなり遠そうだから、タクシーに乗ろうと思って」

【問4】この会話の中に重大な間違いがあります。どこでしょうか?

【答】フランスの田舎町では、どんなことがあっても町からでるな!

フランスは(というかヨーロッパの町は)日本と違って町と町がくっついておらず、ここまでが町ですよっていう表示とここからが町ですよっていう表示の間は国道で結ばれているだけのどの町にも属さないエリアだ。なのでサンポールトロワシャトーという町と電車を降りたピエールラットという町の何処にも属さない国道に彼は一人立っていることになる。

町の外で車を持たないでいるということは、水を持たずにサハラ砂漠を歩くようなものだ。バス。一応バス停があるぐらいだから、いつかは来るはずだけど・・・あてにならない・・・。バスでさえ町から乗るべきなのだ。一応途中下車のバス停をつくってはいるけれど、降りる客がいなかったら(多分いない)こんなところ留まらない可能性が大きい。バス停に人が待ってたって留まらないことだってあるんだから。(実際よくある)だから田舎町では帰りの足を確保しておけといったのだ。タクシーを予約しなかったとしても、せめて町からのバスの出発時間を確認しておくべきだったのだ。町の外に出てしまってはなすすべがない。

そんな無謀なナカシマくんの為に再びタクシー会社に電話をして国道の途中にあるらしいシテ3というバス停の名を伝える。オペレーターはさっきのマダムだ。案の定そんなバス停の名前なんて言ってもわからない・・・どの町にも属さない国道の途中にある、バスでさえ留まるか怪しいバス停の名前をタクシーのオペレーターが知っているわけないのだ。そうこうしているうちにオペレーターのマダムはシテ3のバス停の位置が特定できたようだ。あと15分くらいでタクシーがそっちにいけそうだとのこと・・・おっ!かなりラッキー15分だなんて!それをナカシマ君に伝えると・・・「15分かぁ・・・」あと15分を屋根のない炎天下で待つなんてシティーボーイには耐えられなかったらしい。だからここは東京じゃないんだってばっ!!5分刻みでくる山手線じゃないんだってば。結局「もうちょっと歩いてみるから、タクシーはいいや」だって。オペレーターには本人は歩いて隣町(電車の駅)に向かうからといって、お礼をいって電話を切った。おいおい・・・本当に大丈夫か?15分くらい待つほうが賢明じゃないだろうか?



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。