Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フランスと肉
前にも書いたことがあったかもしれないけど、フランスに住んでいたときに「美味しいなぁ」としみじみ思った食材は肉である。もちろん、パンやワインなんかも美味しいんだけど、私がお肉好きだからなのか、数多ある食材の中でもお肉が圧倒的に印象的にダントツに美味しかった。どの肉がというのではなく、どの肉も例外なく美味しい。まず牛、そして豚、鶏肉、鴨、子羊というのがいわゆるそこらへんのレストランで選べる素材。この中から日替わり的にチョイスする。昨日はアニョー(子羊)を食べたから、今日はカナール(鴨)を食べよう、みたいな。それ以外にも(私はあまり好んで食べないけど)鳩とか兎なんかも一般的だ。(いや、鳩はわりと高級料理か)そのお肉料理が美味しいというよりは、その素材自体が美味しい。現にスーパーなんかでパックされたものを買って自分で調理してもかなりいい味になる。
そんな美味しいお肉を日常的に食べるフランス人は当然お肉大好きだ。食事にお肉がないとなんだか納得いかない顔をする。そんなお肉大好きフランス人の憧れの肉は、神戸牛である。詳しいことは知らないが、神戸牛はフランス側が自国の産業を保護する為か、日本側の理由による為かによって輸入することが出来ずに、その名ばかりが幻の和牛として肉好きフランス人の間で一人歩きしているのだ。私が、日本人だとわかると「キョート・オオザカ・コーベギュウ・・・」と地名に混じってお肉が出てくる有様である。私がフランスのお肉が美味しいというと、彼らは「日本の牛のほうが美味しいだろ?ほらコーベギュウ!」という具合に日本はお肉の美味しい国ということでインプットされている。いやいや、そりゃぁ神戸牛は美味しいだろう。でも、松坂牛も三田牛も美味しいのに、フランス人が知っている和牛は神戸牛しかない、なぜだかわからないけど。そして、私が神戸牛を食べたことないというと、まったく理解できないというように顔を思いっきり歪めて(眉間に皺を思いっきりよせて)「プるコワっ?!」(どうして?)と聞くのだ。そんなこと言ったって神戸牛は高級品だし、日本人だからといって日常的に食べれるものではないのに、その「プるコワっ!?」には「日本人なのに?神戸牛を食べたことない?なぜ?」というどちらかといえば非難めいた気持がこめられている。期待に応えられなくて残念だけど、仕方がない。私からしてみれば、神戸牛とか松坂牛とかブランド牛を除いて、庶民が日常的に口にする肉レベルはフランスの方が数段上であると思うし、そんな肉的に恵まれた環境であることを自覚しないで極東の幻の和牛に思いを馳せるフランス人にちょっと同情してしまうのだ。もし日本に来た外国人に何かもてなしをしてあげたかったら和牛を、できれば神戸牛を、食べさせてあげるのがいいと思う。私は時々オントルコート(牛肉のリブロースステーキ)が無償に食べたくなる。そして今回はエクサンプロバンスでのランチでありつけたのだった。
110814.jpg


Comment
≪この記事へのコメント≫
◆W子

ありがとう(笑)フランスは食べ物のこといくらでも書けるよね。まぁ確かに食に関しては全体的にかなりレベル高いことは確か。グルメな国民性なんです。
2011/08/15(月) 22:09:47 | URL | shuko #mxNh/3GQ[ 編集]
なんか国内線の雑誌によく掲載されている旅食の記事みたいで良いです(笑)
あれ結構呼んでるのよね、実家帰るとき。
それにしても、確かに美味しくなかったことないねぇ仏では!
2011/08/15(月) 12:43:10 | URL | W子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。