FC2ブログ

Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ニジェールあるばむ2【最終回】
niger13 (12)
何かを売っている。

niger13 (4)
227というパブに行ってみた。

niger13 (8)
こんなプール付きの家に住んでみたい。

niger3 (2)
青く茂る

niger13 (2)
小鳥

niger13 (6)

ニジェールの旅は初めの出来事が衝撃的過ぎて、モロッコに次ぐアドベンチャー旅行となってしまいそうな危険も孕んでいるかのように思われたが、入国してしまえばそんなこと夢だったかのように平穏な日々。
毎日、プールにはいったり、プール脇の東屋で冷たいジンを飲みながらでろ~んとなったり、またプールにはいったり・・・時間を気にせずいい感じによっぱらい、夜はパーティーをして過ごす。
観光するほどの場所もないので、あえて特別なことはせず、ゆったりとした時間に身を任せ、心を完全にリラックスさせる。娯楽といえば友人とお酒を飲みながら、語らうこと。今、人並みに仕事を始めて改めて強く思うのだけど、そういう時間ってすごく貴重だと思う。今の私にはなかなか実現が難しくなってしまった。それはほとんどの日本人の大人に言えることだと思うけど。

そんな風に過ごしていたので、最貧民国ニジェールの現実を理解するなんて大それたことはぜんぜんできなかったのだけど、その国の雰囲気を肌や感覚で捉えるということには、少し成功したと思う。
当初、頭に描いていた貧民の顔や体つき、貧困にあえぐ国民などのイメージは、ニジェールに降立ったその瞬間に、自分が勝手に作り上げていたものだと理解した。
確かに人々の生活は貧しい。ほとんど野外ともいえる場所で寝起きをし、マラリアなどの感染病にかかる危険もある。それゆえ子供の死亡率は常に高く、それを多産で補っている。字を読み書きできるものはほとんどいなく、当然学校に行く子供は一握り。でも決して不幸な顔をしていない。女は働き、子供は生き生きと走り回る。外国人に媚を売ることはなく、対等な立場で強気に取引を仕掛けてくる。表情は明るく今の生活に満足しているように思える。
そう、電気がなくても、水を汲みに1時間以上歩かなくてはならなくても、雑穀しか食べることができなくてもぜんぜん貧しそうではないのだ。本当のところは知らない。もしかしたらものすごく苦しいのかもしれないけれど、とにかく私が受けた印象はそういうことだ。

実際にアフリカでは、私が当初想像していたような貧しい人々のいる国もある。そういうところは政治が安定していない。紛争があり、毎日多くの人が死ぬような国だ。ニジェールの場合、何とか政治は落ち着いている。結局、人々を苦しめるのは文明的未発展が原因ではなく、政治であったり、戦争だったりするんだと発見したのも今回の旅の収穫だ。
あと「幸せって何だろう」ってさんざん使い古されて、そこにあっても見落としてしまうようなフレーズが、2度見をしてしまうように、急に心を捉えて、自分の中にまっすぐはいってきた。物質的に文明的に貧しいのに、心も体も元気な場所。物質的に文明的に豊かなのに、心も体も元気でない場所。生き方、気持ちのあり方、価値の置き方など、これからの人生の指針となりそうな大切なことを考える良い機会となった。

麻里子ちゃんその節は大変お世話になりました。どうもありがとう!!!



Comment
≪この記事へのコメント≫
◆mariko

ニジェール記長く続きましたけど、ついに最終回です!!
最後まで読んでくれてどうもありがとう!!いろいろ書きたいことはあったんだけど、うまくまとまらなかったりで私たちの心の中にとっておきましょう。この記事書いてる間、marikoはいったい何者なんだという問い合わせが殺到(爆笑)適当にいいこと言っておいたから安心してください。
本当にお世話になりました。また行きたいな。次はアフリカ国内旅行しようね(笑)
Tu me manque beaucoup, a tres bientot!!!
2010/02/03(水) 22:41:25 | URL | shuko #mxNh/3GQ[ 編集]
◆ボンジュールさん

あの人のブログですね(笑)
私もチェックしてますよ!
ただ難しくて、というかマニアックすぎてよくわからないことも多いですが・・・
今回いろいろ発見しました。留学生活最後の旅行にふさわしい地だったかなと思います。
2010/02/03(水) 22:36:53 | URL | shuko #P76orj16[ 編集]
shukoちゃんのニジェール記、すっごく楽しみました。
いつもすぐそこにあるものなのに、こうやって見ると全然違う風に見えたり、でも良く見るとやっぱり同じだったり。
「幸せってなんだろう」は、私もいつもいつも考えちゃう。決して構えて気取って「考える」んじゃなくてごく自然ね。
日本社会とは違う種類の「幸せ」を見にまた遊びに来てよ、働きながらじゃ難しいだろうけれど!
Tu es toujours la bienvenue chez moi!
2010/02/03(水) 22:25:54 | URL | mariko #cyKGIGgk[ 編集]
うーん。すごく大切な発見ですね。
似たようなコメントがあの人の記述にありました。
多分ご本人にこういうと、「それは違う」と言われそうなのですが、とりあえず、
http://janeausten.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-f2c4-2.html
2010/02/03(水) 06:39:04 | URL | ぼんじゅーる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。