FC2ブログ

Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アフリカを体験する
niger1.jpg

旅の始まりにして最終回を迎えてしまいましたが・・・気を取り直して・・・ニジェール旅行記の始まりです!!!(事件中は余裕なく写真も一枚もありませんので(笑)これからは写真も交えて色彩豊かな記事にしていきたいと思います)
と意気込んではみましたが・・・何といっても観光する場所が何もない国なのでひたすら普通の生活をしていました。そんな普通の生活ですが、ちょっとしたことが新鮮でブログで紹介することがいろいろあります!この雰囲気うまく伝わるといいなぁ。

とはいっても、私たち先進国の人間がリアルアフリカ体験をするというのは無理な話・・・。現地の人と同じ生活をするってことは、電気のない藁葺きの小屋(ほぼ外)で寝起きをし、毎日水を片道1時間かけて共同井戸まで汲みにいき、火をおこし動物を絞めて殺し焼いて食べるという生活をするってこと・・・それは無理です。いくら何でも。
それどころか、発展途上国にいる外国人(アフリカの他のお金持ちの国から来た外国人も含む)の生活というのは現地の人が一生働いても実現できないレベルの生活をしています。もちろん麻里子ちゃんもしかり。20代独身女性が首都の中心(近所には米大使館と英大使館)の戸建てに一人暮らし。電気もお湯もあり、使用人を5人雇っている。庭にはプールがあり、広いリビングは(50平米以上?)2台のクーラーでひんやり快適。だからといって《贅沢》と即座には結びつけられないのです。人間としての命の重さは同じでも、立場は違うのです。本人がシンプルな生活を望んでも(実際麻里子は使用人5人も要らないと思っている)どうにもならないことがあるのです。現地の人の為に働くことと現地人と同じのレベルの生活をしなければならないのはまた別の話。快適さの前に外国人にはまず安全が保障されなくてはならないのです。現地の人から見れば大富豪の麻里子ちゃん(実際は普通の日本人並みのお給料ですが)、24時間家を警備するガルディアンが必要です。仕事に出るのも一人では危険、ボディガード兼運転手が必要です。あとはなんだかよくわからないしがらみで切ることのできないさまざまな人間。(必要ないから切るというような単純なことができない国もあるのです)富豪には使用人の生活を保障しなければいけない、現地の人に仕事を与えなければいけないというような使命もあるのです。だから私も麻里子ちゃんと同じ生活をしていたので、お金持ち外国人としてニジェールを垣間見たに過ぎないのですが・・・それでもいいのです。自分にとっては貴重な体験になったと思っています。たとえ偽善的であったとしても。現地の生活を実体験して、襲われてしまってはどうにもなりませんから。

というわけで、運転手を連れて見学に来たのはグランマルシェ(大市場)といわれる庶民のマーケット。在住の外国人もめったに近寄らないグランマルシェはまさにアフリカ!衣・食・住、必要なものがほとんど手に入る巨大なマーケットはいつも活気にあふれている。写真をたくさんたくさん撮りたかったのだけど、イスラムの国というのもあるし、そもそも人にカメラを向けるというのはなかなか難しいもの。戦場カメラマンとか本当に尊敬します。そんな中がんばって撮った写真をのせます!(隠し撮りもだいぶ多いですが)

niger1 (3)
ごちゃごちゃの野外マルシェを進むと光の差し込む少しひらけた空間にでました。熱気だけじゃなく真剣に暑い。(季節は雨季でかなりましなほうだったらしいけど)茶色の大地に緑は本当にきれい。

niger1 (5)
ね・・・寝てる・・・。
貧困で苦しんでるんじゃないです。ただ単に寝てるんです。暑いから・・・。

niger1 (2)
寝てる・・・。器用な寝方だなぁ。
子供はなんっにもしてないですね~・・・

niger1 (4)
うわぁ~~~~~~
大人もなんもしてない~~~~~!!!!
たのしそ~~~~



Comment
≪この記事へのコメント≫
◆ボンジュールさん

そうなんです、みんな意外にもきれいなかっこをしているし、楽しそうで、最貧民の国なのに幸せそうな印象をうけました!!!
2009/12/15(火) 01:44:57 | URL | shuko #mxNh/3GQ[ 編集]
ひえーっニジェールって寝てるから最貧国なの?
でもおきている人は想像に反してきれいなカッコしてますね。
2009/12/13(日) 22:18:23 | URL | ボンジュール #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。