FC2ブログ

Qu'est-ce que vous me proposez?

エッサウィラ
moroc8 (6)

モロッコで良かったもうひとつは西海岸に面する、エッサウィラという港町。マラケシュのバスターミナルから国営長距離バスにのり約3時間。
マラケシュの喧騒から逃れ・・・広い空!きれいな空気!!同じ国の都市でここまで違うの?というぐらい落ち着いたきれいな町でした。物売りもしつこくないし、商品は見やすく陳列されてるし・・・何といっても値札がある!!!マラケシュでは値札がなくて、大体どのくらいか聞こうとすると思いっきりふっかけられ、相場もわからないし、立ち去ろうとすると「じゃあいくらで買う?」と追いかけてくるし・・・とにかく買い物が面倒くさかったのだけど、ここではまず・・・値札があるので相場を探る手間が省ける。同じ商品をいくつかの店で比べて、その中で安いと思ったお店に入ってから値札の金額を基準に交渉を始めればいいのだから、手間は半分いや3分の1ぐらい。そして無理やり商品を押し付ける人は少なく、いやなら断ればいい。こういう商売の方法が私たちに好印象だってことをマラケシュの人たちは学んで欲しいものだわ。実はエッサウィラの町がいいというのは、先に旅行した友人から聞いていて、お金を落とすならマラケシュより断然こっちというのも聞いていたので、マラケシュではそれほどがんばって買い物をしませんでした。そして聞いていた通り物価は安く、良心的なサービスでいい品が手に入るのがエッサウィラでした。ここではお買い物、お買い物、お買い物ということでモロッコで欲しかったものたくさん買ってきました^^
maroc9.jpg

エッサウィラのホテルは行ってみると、客引きの男の情報とまったく違くて「だまされた!!」と思い最初はオーナーと喧嘩になりかけたけど・・・まぁその値段にしてはなかなかのホテルだったので結局そこに決めました。客引きが言うには、海が見えて、部屋にテラスがあって、シャワー、トイレつきで、朝食付きで2人で100DH。実際はテラスは部屋ではなく屋上で、部屋からは海が見えなくて(屋上のテラスからは見える)シャワーとトイレは共同で、朝食なしで120DH。何一つあってないんですけど・・・。
「こうやって言われてきたんだけど!!!」ってオーナーに食いかかると「そんな条件のところあるわけないじゃん」といわれ「そうですよね」って納得・・・じゃなくて~~~!!!あんたがそんなこと言う???それより、あの客引きの従業員をなんとかしたほうがいいんじゃないですか???オーナーは人当たりも優しく、客引きの件についてはしっかり謝ってくれたので、しぶしぶこのホテルにしました。(正直他にみたホテルのどこよりも値段も雰囲気も良かったから決めたのだけど、ただ最初のだまされた感だけは残念。そんな噓ついて客引きしなくても、もっといい方法で宣伝すればお客さんたくさんくると思うのだけど)結局もう少し追加でお金を払ってトイレとシャワーつきの部屋にしました。

moroc8 (8)
↑屋上テラスからみた景色、テラスにはちょっとしたくつろぎスペースなんかもあって気持ちよかった。

maroc9 (3)

荷物をホテルにおいて、身軽になってさぁ町を散策!!!この時が一番わくわくする!!
まずは腹ごしらえ、港町だもの、魚のタジンをいただきま~す!!!
買い物も楽しい楽しい!!目的だったモロッコカップもバブーシュもアクセサリーもぜ~んぶここエッサウィラで買いました。なにかを買うたびにお店の人と仲良くなって、世間話なんかもして、おみやげに一つ一つエピソードができました。数日前までマラケシュでクタクタになってモロッコへの想いがしぼみかけていたのが噓みたい。楽しくておいしくて今なら心から「モロッコすごくいいから、行ってごらん!」と勧められそう。そうモロッコに行ったらマラケシュだけじゃ残念。ちょっと足を伸ばしてこの港町にきてほしい。

moroc8 (9)

moroc9(11).jpg

忘れられないのがランプ屋のお兄さん。ランプなんて買う気なかった。大きいし壊れ物だし、本帰国を目前にしてできるだけ物は増やさないように心がけていたから。でも店先につらされたランプに誘われて中に入るとその魅力的なランプに釘付けに。しばらくすると店番のお兄さんがお茶をすすめてくれて、その誘いにいやなものを感じなかったのでなんとなく甘えてみる。会話が弾む弾む。モロッコ人なんだけどどこか大きな視野を持った賢いお兄さんだった(あとで同じ歳とわかったんだけど)ので遠慮なく、モロッコに対して疑問に思ったことぶつけてみる!!な~るほど、あのなぞの壁に書かれた四角もどうして雨で川が氾濫しちゃうのかとか、政府の対策はとか、マラケシュの商法についてとか、モロッコの交通事故事情とかいろいろ聞いてしまいました。まぁまぁいろいろ問題を抱えた国なのねってことがわかりますますモロッコに親近感が。
本当に居心地がよくて、このランプも運命かもと思った頃、気になるランプのお値段をきくと・・・彼が言った金額は値切るどころか「いいんですか~??」というようなびっくりプライス!!!親友価格なんだって^^もう悩む余地なし。大切に日本まで機内持込で持ち帰ってきました。
さらに、そのお兄さんはラマダン明け最初の食事に私たち2人を誘ってくれました。近所の弟分のお店に移動して、振舞ってくれたのはやっぱりモロッコスープ。そして魚のフライなどなど。ここで食べたスープもおいしかったなぁ。そうだ彼にメールを書かなくちゃ。フランス語はやっぱりちょっと億劫。気持ちはあってもつい後回しにしてしまいます。だめな私。
元気かなぁ~?

moroc8 (3)
スポンサーサイト
Designed by aykm.