FC2ブログ

Qu'est-ce que vous me proposez?

THIS IS IT
this is it

フランスから日本に帰ってきて久しぶりに我が家に帰ってくると、突然、リビングに世界の亀山モデル薄型42インチのテレビが目に飛び込む。コレはいったい?そしてそのとき我家はそのテレビでマイケルジャクソンのDVDを観るというのをブームにしていて(今も続いている)、なんと私は帰国したその日にテレビの前に座らされて、両親にそのDVDを観させられた。夜仕事から帰ってきた弟が私の顔をみるなり「MJのDVD観た?」と聞く。翌日、結婚している兄が一瞬実家に顔を出し、挨拶もそこそこに私に言ったことといえば「MJのDVDを観る?」とおもむろにディスクをプレーイヤーに入れようとしている・・・。昨日(しかも帰ってきてすぐに)観たばかりだし!てゆうかしつこいし!!
そして当然ながら、映画『THIS IS IT』封切りに彼らが黙っているはずはなく、昨夜弟からレイトショーに誘われ(おごってくれたら行くといったら断られ)本日11月1日映画の日に母が映画に誘ってくれて近所の映画館まで見に行くことになった。同日、前売を買って新宿に映画を観にいった兄夫婦から母の携帯にメールがあり、「どこも満席で前売券がないと入れないよ」という情報を得た母がお風呂場から、2階の自分の部屋にいる私にまさかの携帯連絡(トランシーバーかっ?ホワイト家族)どんなに緊急事態かとおもいきや、今すぐに映画館に行ってなんとしてでも今日のチケットをとってこいとのこと。そして、自転車でかっ飛ばす。MJに翻弄される池田家と周子。
その映画『THIS IS IT』といえば、最期のMJのステージ(リハーサル)を撮ったもの。MJが細かく指示を出す姿や、憧れのMJと共演できるスタッフたちの興奮した様子を伝える。曲目は何度も観させられたDVDとほとんど同じ、つまりMJの代表曲。「これ(映画)みなくてもすぐDVDになりそうだよね」って母に言ったら「画面の大きさが違うじゃない!音も違うし!!絶対映画館で観なきゃだめよ!!」ってこと。はい。冷めないどころか、激しく高まる家族のMJ熱にはちょっと引いてしまう感がありますが・・・亡くなる前のMJの元気な姿はみれてよかった。50とは思えないスタイルと不滅のダンスは何度も見たはずなのに見入ってしまうものがある。このライブが実現していたらどんなに素晴らしかっただろうと悔やまれる。映画を観終わった母は「疲れた~」と息もあがり、まるで自分が踊ってかのような素振り。感情移入激しすぎ!!!買い物をして家に帰ってきて、ご飯の支度をする間も、熱は冷めずDVDで余韻に浸る。そして、食事のときの乾杯は「マイケルに乾杯!!!」(笑)え~~~~?どんな親子!?
スポンサーサイト
Designed by aykm.