Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マイケル・ジャクソン
090704.jpg

king of popの訃報から、しばらくたちましたが、フランスでももちろん大騒ぎだったわけで、あちこちでマイケル追悼イベントが催されました。
そして、メディアも次々とマイケル特集を企画したのですが、その中でも私の目を釘付けにしたのは、PARIS MATCHのマイケル(マイケル特集号)。この写真かっこよすぎるでしょう。
通常パリマッチ誌は木曜日発売日、私が買い求めた金曜日にはどのスタンドでも売り切れで、聞けば、今回は特別に月曜日発売だったとのこと。飛ぶように売れた今号はどのスタンドでも売り切れ・・・。
金曜日では遅すぎたようです。PARIS MATCHを求めて、スタンドを探し歩く。
どこも売り切れ。パリマッチと聞いた瞬間に即効「売り切れ」の返事が。さては私みたいな臨時購読者が多いに違いない。なければなおさら欲しくなるのが人間の性でして、ハイ。
レアルの雑誌屋さんで親切なお兄さんが、パリマッチはないけどle Pointでもマイケルの特集をしていて、こっちの写真も悪くないよとこのこと。悩んだあげく、やっぱりパリマッチが欲しいといってお店を去るときに「いっとくけど、今から探すのはかなり難しいよ。ボンクラージュ」といわれてしまった。
こうなると、意地でも欲しい私。自宅近くに確かあったであろう雑誌屋さんまでわざわざ家を通りこして行き、まったく期待せず「マイケルのパリマッチを探してるんだけど」と店主に切り出す。「あぁあるよ」と予想外の答えが!!!本当か!?灯台下暗しとはこのことで・・・というか自宅はわりと中心化から離れたところで、買い求める人も少ないというロジックな結果でもあるんだけど。残りわずか2冊のうち1冊をゲットすることができました。神様ありがとう。
思えば昔、母につれられて、2人の兄弟と東京ドームのマイケルジャクソンのコンサートに行ったのは1992年の《デンジャラスツアー》だったんだなぁと思う。本当に小さくだったけど熱狂的な大人たちの間で見たマイケルはかっこよかったなぁ。とくにダンスと衣装が最高にクールで、パンフレットを買ってもらって大満足だったのを覚えてます。

090704 (2)
パリ『ムーンウォークで町を歩こう』の追悼イベント


スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。