Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
お財布のその後
お財布を盗られたと書いたばかりですが・・・
なんとそのお財布が見つかりました。
家のポストに警察署からお手紙が。

届け出のあったあなたのお財布が見つかりました。
内容はカルトブルー(クレジット兼キャッシュカード)1枚
3ヶ月以内に下記の警察署まで引き取りにきてください。
尚、手数料として10ユーロ申し受けます。

泣きっ面に蜂。

だからお金取られたって言ってんじゃん。そこからさらに取ろうとは・・・
最低だ。フランス。
なんでお財布盗られて、さらに届けたれたお財布を引き取りにお金を払わないといけないんだ?2つのクレジットカードはすぐに止めて(ここでも手数料15ユーロ)再発行の手続きをしたし、もしそれ以外にお財布に入っていないなら、お金払ってまで引き取りにいかなくてもいいかもとも思ったけど・・・それではあまりにも私のお財布が可哀想だし・・・ほかの中身も残っていれば便利なのでやっぱり取りにいくことに。

手紙に書いてあったCBのほかにカードは全部そのまま。図書館カード、学生証、クレジットカード、一番心配していた、家のスペアキーもなんとそのまま!!!よかったぁ!
スペアキーは盗られると・・・空き巣に入られる可能性があるから心配してたのです。
やっぱり不幸中の幸いというべきなのでしょうか。
でも完全にあきらめていたのに見つかるとは・・・。
当たり前だけど現金は無くなってました。(でも小銭は残ってた!!!2ユーロちょっと(笑))お札だけ取って、ほかはどっかにポイッと捨てたんでしょう。
それにしても警察に手数料10ユーロはあんまりだよね。だいたい何代よ???それ。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。