Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
大晦日
今年もあと少しですね。
大掃除は終わりましたか??
年賀状は書き終わりましたか??
年始の買出しには行きましたか??
お年賀は用意しましたか??
飲んでますか??
くいはないですか??2007年。

・・・って日本はなんてやることがあるんだぁ!!
なんてフランスのお正月は味気ないんだぁぁ!!

こちらではクリスマスでみんなのテンションが最高潮に達して、もう完全にだらだらモード。

日本の年の瀬の慌しさもなく、連日忘年会で飲んで飲んで飲みまくって、二日酔いで死にそうになってまた夕方、向い酒。というような、義務的であり享楽的な行事もなく・・・物足りない思いであります。

まずね。クリスマスデコレーションを片付けない(笑)
日本だったら25日の深夜にクリスマスデコレーションを一気にお正月飾り変えるという感動すら覚えるメリハリがこちらにはまったくないのでございます。

レストランもカフェもお店もそのまま。
「なんか面倒くさいからそのままでいいよね。きれいだし」・・・みたいな。

「まったく大晦日って感じがしないんですけど・・・!!!」

でもね、日本でいうお正月が、こちらのクリスマスです。
クリスマスはそれはそれは気合が入っています。
フランスではクリスマスは家族と過ごすもの。
家を出ている人は帰省して、家族と一緒に過ごします。
みんないつもより奮発して高級ワインやシャンパン、フォアグラなどの高級食材を買います。
12月にはいってからデパート(だけでなく全部のお店)にはプレゼントを買い求めるお客さんでひしめき合う。
みんなプレゼントをあげる人の名前のリストに線を引きながらすごい勢いで買い物をしてる。
”Vous voulez un paquet cadeau?”(プレゼント用ですか??)という店員の大きな声が飛び交う。
忙しさのあまりマダムたちは殺気すら漂わせている。

「あぁ、日本でいうお正月がこっちのこれなんだな」と妙に納得してしまった。
行事に対する思いの違いは、こっちにいて目の当たりにして初めて実感する。
貴重な経験だった。

来年がみんなにとって充実した良い年となりますように。
良いお年をお迎えください。
071231.jpg


071231 (2)
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。