Qu'est-ce que vous me proposez?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フランスと馬
フランス人にとって馬とは特別な動物である。いやむしろ動物ですらない。馬は生活のパートナーであり、友である。大昔からは人々は馬と生活をともにしてきたし、人間と共に労働に従事し、戦時には兵士の命をあずかる戦友でもあった。ではどれほど特別な存在なのか。フランス語で動物の脚のことはpatte(パット)という。昆虫の脚のこともpatte、ただ一つの例外を除いて。その例外が馬である。馬の脚のことはpatteとは言わない。豚も牛の脚もpatteなのに、馬の脚だけはjambes(ジャンブ)という。そう、人間の足と同じjambesをつかう。「だから我々にとって馬は特別な存在で、食べたりするなんて考えられないよ!可哀想じゃないか!」というフランス人教師の言葉をそのときはなるほどとすんなりと納得し、他の友人にも日本で馬肉を食べることを冗談混じりに非難されたりしたので、鯨肉と同じく馬肉についてはあまり大きな声で話すのを控えていた。

だから南仏のスーパーに並ぶ大量の馬肉を見て驚いた。フランスでは馬肉はタブーではなかったのか!?結論からいうと私たちはその馬肉の一つ(それも厚さ5cmはあろうかというパヴェ(厚切りステーキ))を手に取り、フライパンで裏表をさっと焼きナイフとフォークで端からサクサク切って食べてしまった。これがすごく美味しかった。もう牛肉もビックリな美味しさである。日本で馬肉といえば薄切りの馬刺しを時々食べるくらいで、こんなに馬本来の肉の味を堪能したのは初めてだった。
そして「馬は友達」的精神は南のフランス人たちには通用しなかったという事実が判明。「だって美味しいじゃん?」ということである。フランス人教師の熱弁をすっかり信じて今まで理解していた「フランスと馬の関係」が唐突に覆されて、いまいち判然としない私はウィキで調べてみたのだけど、どうやら最初に書いたような馬は友達的感覚はどちらかといえばイギリスで強く、馬肉食に対する抵抗感も強いらしい。むしろフランス料理では元来馬肉を調理するし、イギリスにあるフランス料理店に輸出までしているそうである。結局、フランスにおける馬肉食をめぐる意見については、多くの食べ物がそうであるように地域性と個人的嗜好に因るところが大きい。
正直に言って、食べ物について外部の人間があーだこーだというのはナンセンスである。馬を食べようが、鯨を食べようが、兎を食べようが、犬を食べようが、それは習慣の問題であって、可哀想だとか野蛮だとかいう意見は結局のところ個人的な意見でしかない。他所の食生活に他人が口出す種類のことではない。
110815.jpg
スポンサーサイト
フランスと肉
前にも書いたことがあったかもしれないけど、フランスに住んでいたときに「美味しいなぁ」としみじみ思った食材は肉である。もちろん、パンやワインなんかも美味しいんだけど、私がお肉好きだからなのか、数多ある食材の中でもお肉が圧倒的に印象的にダントツに美味しかった。どの肉がというのではなく、どの肉も例外なく美味しい。まず牛、そして豚、鶏肉、鴨、子羊というのがいわゆるそこらへんのレストランで選べる素材。この中から日替わり的にチョイスする。昨日はアニョー(子羊)を食べたから、今日はカナール(鴨)を食べよう、みたいな。それ以外にも(私はあまり好んで食べないけど)鳩とか兎なんかも一般的だ。(いや、鳩はわりと高級料理か)そのお肉料理が美味しいというよりは、その素材自体が美味しい。現にスーパーなんかでパックされたものを買って自分で調理してもかなりいい味になる。
そんな美味しいお肉を日常的に食べるフランス人は当然お肉大好きだ。食事にお肉がないとなんだか納得いかない顔をする。そんなお肉大好きフランス人の憧れの肉は、神戸牛である。詳しいことは知らないが、神戸牛はフランス側が自国の産業を保護する為か、日本側の理由による為かによって輸入することが出来ずに、その名ばかりが幻の和牛として肉好きフランス人の間で一人歩きしているのだ。私が、日本人だとわかると「キョート・オオザカ・コーベギュウ・・・」と地名に混じってお肉が出てくる有様である。私がフランスのお肉が美味しいというと、彼らは「日本の牛のほうが美味しいだろ?ほらコーベギュウ!」という具合に日本はお肉の美味しい国ということでインプットされている。いやいや、そりゃぁ神戸牛は美味しいだろう。でも、松坂牛も三田牛も美味しいのに、フランス人が知っている和牛は神戸牛しかない、なぜだかわからないけど。そして、私が神戸牛を食べたことないというと、まったく理解できないというように顔を思いっきり歪めて(眉間に皺を思いっきりよせて)「プるコワっ?!」(どうして?)と聞くのだ。そんなこと言ったって神戸牛は高級品だし、日本人だからといって日常的に食べれるものではないのに、その「プるコワっ!?」には「日本人なのに?神戸牛を食べたことない?なぜ?」というどちらかといえば非難めいた気持がこめられている。期待に応えられなくて残念だけど、仕方がない。私からしてみれば、神戸牛とか松坂牛とかブランド牛を除いて、庶民が日常的に口にする肉レベルはフランスの方が数段上であると思うし、そんな肉的に恵まれた環境であることを自覚しないで極東の幻の和牛に思いを馳せるフランス人にちょっと同情してしまうのだ。もし日本に来た外国人に何かもてなしをしてあげたかったら和牛を、できれば神戸牛を、食べさせてあげるのがいいと思う。私は時々オントルコート(牛肉のリブロースステーキ)が無償に食べたくなる。そして今回はエクサンプロバンスでのランチでありつけたのだった。
110814.jpg


MIKADO
ポッキー食べましたかぁ?私は冬の口どけポッキーを食べました。11月11日午前11時11分に。11111111。くだらないといえばくだらないのですが、数字が揃うとなんとなくうれしいのって私だけ?なんかちょっといいことありそうな気がしませんか?
私は、ふと携帯のデジタル時計を見ると数字が揃っていることがよくあります。11日は11:11にはポッキーを食べなければならなかったので意識的に時計を見たのだけど、夜に偶然22:22を目にしたときには驚いた。どうでもいい話ですが。
どうでもいい話続きですが、11月11日はポッキーの日であるとともに以下のような日でもあります。

【配線器具の日】日本配線器具工業会が1999(平成11)年11月11日に制定。コンセントの差込口の形状を「1111」に見立て。、

【麺の日】全国製麺協同組合連合会が1999年(平成11)に制定。「1111」が麺の細長いイメージにつながることから。

【くつしたの日,ペアーズディ】日本靴下協会が1993(平成5)年に制定。靴下を2足並べた時の形が11 11に見えることから。

【下駄の日】伊豆長岡観光協会(現 伊豆の国市観光協会)が制定。下駄の足跡が「11 11」に見えることから。

【もやしの日】「1111」がもやしを4本並べたように見えることから。

【煙突の日】「1111」が煙突が4本立っているように見えることから。

【箸の日】「1111」が箸が2膳並んでいるように見えることから。

【きりたんぽの日】秋田県鹿角市の「かづのきりたんぽ倶楽部」が制定。きりたんぽを囲炉裏に立てて焼いている様子が「1111」に見えることから。

【長野県きのこの日】JA全農長野県本部が制定。長野県が生産量日本一のしめじ・なめこ・えのきだけを「1111」に見立てて。

というような具合にいろんな団体がいろんな時期にいろんな理由で11月11日を何かの日と制定しているわけです。大体のものが並べると1111と見えるという安易な理由からであるのが面白いのですが・・・中には十一十一と漢字に置き換えて【磁気の日,磁石の日】【電池の日】磁石のN極(+)とS極(-)を「十一」にみたてて【鏡の日】縦書きにした「十一 十一」が左右対称であることから。なんていうのもあります。

ところでフランスを初めヨーロッパ圏ではグリコのポッキーはMIKADOという商標で親しまれています。ヨーグルトで有名なダノンのビスケットブランドであるLUが販売していてます。LUもこれまたヨーロッパでは知らない人のいないお菓子の代名詞ですね!
MIKADOは見ての通り「帝」という日本語からきているのは明らかなのですが、以前は単純に、まぁ日本のお菓子だから適当なカッコいい日本語をつけたんだろうと思っていたのだけど、今回調べると実はMIKADOという竹ひごを使ったゲームがポッキーの形状ににてるからそのゲームの名前をつけたんだって。まぁそのゲーム名は「帝」からきていることは変わりないんだけど。
mikado.jpg

【ポッキー&プリッツの日】食品メーカーの江崎グリコが1999(平成11)年に制定。同社の製品ポッキーやプリッツを6つ並べると111111に見えることから。


ハイジの家
100824(1).jpg

気になるカフェがあるから行ってみないかと友達に誘われて東京の下町でスイス気分が味わえるカフェに行ってきた。日暮里の住宅街に突如現れた、スイスのログハウス。
門をくぐると、大きくそびえるログハウスが。庭のたくさんの花壇の前には広々としたテラス。私実はスイスの湖畔にたっているんですよ的なシラっとした佇まい。強い日差しで中の様子はわからないので、本当にお店が営業しているのかと訝りながら扉を開けると、ハイジが「クララ~」と叫びながら家に迎え入れてくれる(うそ)正確にはハイジ風の衣装に身をつつんだかわいい女の子が「いらっしゃいませ~♪」と迎えてくれる。まさかのハイジカフェ。
店内は涼しく冷房が効いていて高原チックなBGM(フランス語?)と温かみのあるウッドインテリアに迎えられ、一瞬本当にスイスにきてしまった錯角に陥る。そんな店内から、窓の外を仰ぎ見れば、灼熱のジャパンガーデンもスイスの高原ビュー。ティータイムだったのでハーブティーとケーキを注文。(ハイジが笑顔でサーブしてくれる)
そして土地柄、もう一つの窓から見えるのは隣のお寺のお墓なのがシュールレアリスティック。スイス山荘の窓からお墓ビュー、一見の価値あり。
100824.jpg

Chalet Swiss Mini 西日暮里
Q
最近、ちょっと頻繁にいっている恵比寿の立ち飲みバー

Q(キュー)

前の会社の同僚とランチをしたときに教えてもらったお店でさっそく行ってみたら雰囲気がとっても素敵で気にいってしまいました。駅からもすぐなので、仕事帰りに軽く一杯、待ち合わせに、最適。
食事は・・・フレンチなのかな?懐かしのエスカルゴとかあるし。
でもずらりと並んだ燻製や生ハムはスペイン風???
・・・とにかく洋風立ち飲みバーです(笑)
駅近なんだけどちょっとわかりづらい場所にあるかな?だから少し隠れ家風でいい感じです。最近お通しのベーコンが・・・実はおかわり自由だってことを知って興奮しました(笑)だからといってそんなに食べられるわけじゃないんだけど。

Q1.jpg

Q2.jpg


Q 恵比寿
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。